葬儀の流れ・葬儀の手順紹介

お葬式の流れを紹介します。

概略を掴んでいただくと、慌ただしい中でも対応が可能です。

一度、ご参考下さい。

危篤状態

  • ご家族は息のあるうちに会わせたい人へ連絡をお取りください。(事前に危篤に会いたい人の話などをしておくか、エンディングノートに書いておく事が大切)一般的には近親者や親しいご友人、お世話になった知人など。大事なのは本人が会いたい人が誰なのかを知っておくことです。

ご臨終

  • 医師に死亡診断書を書いてもらう必要があります。湯灌、死化粧、、親戚やご友人に出来るだけ早く連絡します。(深夜や早朝の場合は一言添える事も忘れないように)勤務先や団体へは葬儀の日程が決まってから連絡をしましょう。担当者に連絡をしお任せして大丈夫です。また、町内や団地など世話役を決める場合は早めに連絡をしておきます。菩提寺がある場合も僧侶へ早めに連絡を取りましょう。日程相談が必要になります。バタバタして何から手をつけて良いのか分からなくなります。事前に私共へご相談いただければ、ご遺族様の負担を減らすように段取り出来る事はお任せいただいています。

死亡届・死亡通知

  • 死亡確認後7日以内に市区町村役場の戸籍係へ死亡診断書と一緒に提出する必要があります。しかし、ご遺族は気持ちも落ち着かずお葬式の段取りでバタバタしています。手続き等はお申し付けください。

納棺

  • 地域や宗派で違いがあります。枕経をされる場合は終わってから納棺をするようです。葬儀社の指導のもと行ってください。人手が足りない等も遠慮なく葬儀社に申し付けて問題ありません。

お通夜の準備

  • 納棺が終わると少し気持ちも落ち着きひと段落します。葬儀社と日程や段取りを打ち合わせましょう。親戚が遠方に多い場合など余裕を持って日程を組まないといけないケースもあります。先ず決める事は『喪主』世話役『諸掛』『弔問客の受け入れ係』『会計係や受付係、進行役など』
    お通夜や葬儀・告別式に必要な用具や什器は葬儀社とご相談ください。ご自宅にない場合なども用意していただけます。
  • 遺影写真は事前に用意できるのが本当は一番だと思います。本人が気に入っている写真や元気なうちに今の写真を撮影するのも良いでしょう。
  • その他、祭壇の設営や外回りの設備などは葬儀社に任せても大丈夫です。

お通夜

  • お通夜は夜を徹して死者の霊を守る。慰めるのが通夜です。遺族や親族だけで行う仮通夜と一般の弔問客を迎えて行う本通夜があり、冬期は18時、夏期は19時頃から始まるのが一般的です。半通夜は1〜3時間程で終了する事を言います。最近多い形です。

お通夜の後

  • 通夜ぶるまいの用意と、終了後の弔問・お焼香に来られた方への対応が必要です。祭壇の線香と灯明は消さないように番をするのが一般的です。

葬儀・告別式の準備

  • 葬儀・告別式までに親族焼香の順番、弔問披露の順番、火葬場へ行く親族と残られる親族、友車への割り振り、出棺の挨拶、遺骨回向や初七日、精進落とし等を決める必要があります。葬儀社の担当者が色々と指示をしてくれると思います。私共へお申し付けくだされば安心して滞りなく進む様にしております。

葬儀・告別式

  • 通常、通夜の翌日が葬儀・告別式です。もともとは葬儀と告別式は別の行事でしたが、現在は完全に分けて執り行う事は少ないようです。

出棺・火葬

  • 葬儀・告別式が終わり、最後のお別れをし、火葬場が別の場合は霊柩車で出棺します。大阪市立斎場などは火葬場が併設してありますので霊柩車は必要ありません。火葬場で納めの式、火葬、骨上げ、埋葬許可書をもらい葬儀が終わります。

直後儀礼

  • 本来は初七日は文字通り、故人が亡くなった日から数えて7日ごとに改めて供養を行いますが、最近は親戚等が再び集まることは大変なので初七日法要まで葬儀・告別式と同日に一気に済ませてしまいます。そのまま残っていただける友人等を招き僧侶に読経していただき、簡単な会食で故人を偲びます。

納骨

  • 納骨は満中陰・四十九日法要のうち都合の良い日に行えばよいでしょう。満中陰に行うことが一般的に多いようです。それまでに仏壇の手配やお墓の事などまだまだ遺族はバタバタとしますが、分からない事は遠慮なく葬儀担当者や私共へお聞きください。

 
大阪市立北斎場TOPへ