永代供養とは?

永代供養ってよく聞くけど、一体何??って人もまだまだいるそうです。

 

永代供養とは??

寺や、霊園を運営する宗教法人が故人の親族に代わって墓や位牌を管理する。寺側が読経や法要を担い、親族は出向く必要がない。厚生労働省によると、墓地埋葬法など現行法には募集や販売の規定はない。
( 2011-07-26 朝日新聞 朝刊 1総合 )

 

本来は、子々孫々の代まで先祖を祀り供養する宗教行為を指していたが、現代では多くが墓園業者や寺院の営業用語として使われることが多い。広告に永代供養を謳うものが多いが、「永代」という言葉の使用による誤解からトラブルが発生するおそれが多い。実際には 10回忌、30回忌や50回忌までといった内規がある場合や、墓を継承すべき子孫が改宗などで檀家を辞めるなどして信仰を離れた場合は、永代供養の契約が破棄されることが定められている場合が多く[要出典]、言葉どおりの「永代」ではない。また、霊園の倒産、寺院の廃寺などにより墓が消滅に追い込まれることもあり、この「永代」も保証されるわけではない。

建物のなかに遺骨を保管する納骨堂は、外につくるお墓と同様に需要数が増えてきている永代供養墓の一つです。

 

マンション型も多く散在し、室内のロッカーなどでスペースを区切るなどするため、従来の墓石をつかってお墓を建てるよりかなり安価で出来る特徴があります。

 

中には手軽にインターネットを使ってお参りができたり、カード式の立体駐車場のような納骨堂があり形態は多種多様となっています。

 

様々な供養が現代にはあります。

 

家族の皆様でご相談になって、

一番良い形をお選びください。