家族葬・一般葬・社葬の違い。直葬など最近の葬儀事情。

どこからどこまでを家族葬と読んで、一般葬はいったい何人くらいで、社葬とはどうなのか???

最近、色々な呼び方が増えて少し分かりづらくなってきてる気がします。

家族葬

  • 家族・親族だけで集まって営む葬式。通夜・告別式などの儀式を行うのがふつうの形式。故人の親しい友人が参列することもある。身内葬。
  • 家族葬の名称は平成初期かららしい。以前は密葬といったが、その場合には後日に本葬のあるのが普通であった。今の家族葬は後日に「偲ぶ会(お別れ会)」の開かれることがある

 

一般葬

  • 一般葬とは一般的に行われる葬儀のことで、親類や親しい友人だけでなく、ご近所の方や会社の方など、故人が生前にお付き合いがあった方々が多くの方々で故人を見送る形の葬儀となります。
  • 通夜と告別式の2日間にわたり葬儀を行うのが一般的で、施主は参列して頂いた方へのおもてなしとして返礼品やお料理などを準備しなければなりません。
  • 一般葬の場合、返礼品やお料理だけでなく、祭壇や施設の設営なども含めた葬儀の準備や手続きが必要です。

 

  • できるだけゆっくりとご会葬頂けるよう事前に会葬者の人数を把握することが大切となります。

 

社葬

  • 社葬とは、会社の社長や会長が亡くなったときに行うもので、会社が主体となって行う葬式スタイルです。 一方、合同葬は、家族と会社が共に施主となり行う葬儀スタイルとなり、社葬の中のひとつのスタイルです。

 

合同葬

  • 合同葬は、一般の葬儀と同じく、お通夜と告別式を行い荼毘に付す流れとなり、同族会社などで多く見かける葬儀です。

 

直葬

  • 直葬とは、一般的な葬儀をせずに火葬だけですませるスタイルの葬儀のことです。通常はお通夜があり、翌日に告別式があり、最後に火葬というステップを踏んで故人とのお別れをすませるのですが、直葬の場合、お通夜、告別式という儀式を省略している形です。

無宗教葬

  • 無宗教葬というのは、霊園にお墓があって、基本的には葬儀が無宗教で行われることがほとんどです。
  • 無宗教葬儀(自由葬:プロデュース葬)とは、特定の宗教・宗派に捉われない葬儀のことで、「僧侶・神官・牧師・神父」などの宗教者を招かずに、自由な形で行われます。

 

大阪市立北斎場TOPへ