お葬式費用のカラクリ!!30万で申し込んだはずなのに!?!?!?

お葬式を30万円で申し込んだのだが、最終的に何倍もの値段になってしまった……という話を聞いた。

一般的な平均葬儀費用は、120万円と言われているが、もともと30万円のパックで申し込んだのに、最終的にこのような金額になってしまうことは多いという。

 

そもそも、葬儀費用の内訳はどうなっているのだろうか?

一般的に言われている“平均葬儀費用120万円”の内容について聞いてみた。

「祭 壇60万円、式場使用料10万円、棺8万円、遺影写真3万円、霊柩車5万円、骨壷骨箱5万円、マイクロバス4万円、枕飾り3万円、安置料2万円、その他諸 経費20万円程度。これで合計120万円となります。ただし、これ以外に参列者への飲食接待費40万円程度、寺院への戒名等のお布施50万円程度がさらに かかります。
葬儀は購入頻度が低く、比較検討する時間がないため、相場というものはほとんど存在しませんでした。葬儀社の言い値で実施されているのが現状です。

実質的な原価は十数万円なんてことはざらです」

ざっくりとした内訳はこのようになっているとしても、30万円の葬儀パックが最終的に120万円になってしまうのはなぜなのか?

 

どんな“カラクリ”があるのだろうか。

 

「まず通常の葬儀のパックには必ず必要になる火葬料金や搬送料金・ドライアイスが入っていないことがほとんどです。また入っていても追加料金が発生するように設定されていますので注意が必要です。
また葬儀社は『故人が悲しみますよ』などと祭壇やお花をより豪華なものに引き上げようと悪質な営業トークで大切な人を亡くして冷静な判断ができない遺族に迫ります。直接葬儀社からそう言われると断れないことがほとんどです」

 

葬儀社にだまされず、安心して葬儀を行うにはどうすればいいのだろうか?
価格帯が不明瞭、相場は決めにくいし会社によっても変わってくるというところが現状だろうか。

 

NPO 葬儀費用研究会では、既に10年も前から葬儀費用に対しての不明瞭な部分を徹底して明るくしてきました。

ただ、安くしろっていう現代の流れとは違います。

葬儀社様も施主様もどちら様も納得いただける為にはどうするべきか??

きちんと納得していただき、葬儀社様の最高のサービスを施主様に。

最後に任せて良かったと本心で言っていただけるように。

ただ、安くしろと押し付ける現在の風潮にはかなりの疑問を感じています。

 

不必要な費用は省く。無駄なサービスは省く。

 

でも、望むサービスに対しては最高のパフォーマンスを。

 

個人で直接交渉するより、私共にお声をかけていただくと

しっかりとサポート出来ます。

 

10年間業界を引っ張ってきた

 

NPO 葬儀費用研究会にお問い合わせください。

 
大阪市立北斎場TOPへ