葬儀 花と言えば、供花?献花?

供花とは

読み方は『きょうか』。

仏教用語では『くげ』といいます。

お仏壇の中にある、お供え物を飾るものです。

 

故人に供えるお花の事を供花といいます。祭壇の両隣に飾られた花の事です。

香典辞退の葬儀であれば、香典の代わりに供花を贈る事もあります。

 

献花とは?

キリスト教や無宗教の葬儀で故人に手向ける花を献花といいます。

事故現場などで、亡くなった人を悼む人々が供える花を指します。

献花

 

供花の贈り方

葬儀会場が遠方にある場合や、高齢で葬儀の出席が困難な場合、どうしてもお仕事の都合で出席できない時に贈ります。

親族一同などの連名で贈られることが多いようです。

最も一般的な贈り方は、お通夜です。

通夜と葬儀・告別式が同じ場所の場合は、そのまま飾られることが多いです。

通夜と葬儀・告別式が別々の場所で行われる場合は、告別式にお贈りします。

 

通夜や葬儀・告別式に間に合わなかった場合

後飾りとして、喪主様のご自宅にお贈りする事もあります。

後飾り

 供花の手配方法

殆どの場合が、手配は葬儀社が行います。

訃報を受けた際に、葬儀を斎場や葬儀式場を確認します。

斎場・葬儀式場へ連絡を取り、お通夜や葬儀・告別式の日時を伝え、

葬儀を執り行う葬儀社の連絡先を教えて貰います。

確認後、直接葬儀社へ供花の手配をします。

喪家の方々は、バタバタとしており気が回らなくなりがちです。

負担を出来る限りかけないようにするのがマナーです。

 

供花の価格

お花一つを『一基』、二つで『一対』と数えます。

7,000~15,000円程度が多い価格帯です。

 

家族葬と供花

家族葬は、ご遺族・近親者のみで葬儀を行う事が多いです。

香典を辞退される方も増えてきています。

そのような場合に、供花を贈られる事が増えてきています。