お葬式の後、銀行口座の手続きはどうすれば良いか??

ご本人が亡くなると基本的に銀行口座は基本的に凍結されて預金の引き出しができなくなります。

どんな手順で手続きをすればよいのか?

葬儀後手続き 銀行口座

銀行ごとに必要な書類や対応が異なりますが、基本的な手続きの仕方を解説します。

 

基本の流れ

  1. 各金融機関に連絡
  2. 必要書類を確認し、各所から書類を取り寄せる。
  3. 遺産分割協議
  4. 各金融機関へ必要書類を提出

必要な書類

  • 被相続人の戸籍(除籍)謄本 *発行日から3ヶ月以内のもの

相続人の判定のため、被相続人に関する全ての戸籍(除籍)謄本が必要

  • 相続人の戸籍謄本 *発行日から3ヶ月以内のもの

相続人全員の現在のものが必要

  • 遺産分割協議書
  • 相続人の印鑑証明・印鑑 *発行日から3ヶ月以内のもの
  • 各銀行所定の払戻用紙や同意書等
  • 預金通帳及び証書
  • キャッシュカード

銀行口座の手続きポイント

  • 銀行口座によって、必要な書類は様々です。例えば、戸籍謄本の原本の提出が必要な銀行もあれば、銀行側で写しをとったうえで返却してくれる銀行もあります。
  • 原本は他の手続きでも使用するなど貴重なものですので、原本を返却してもらえるか、確認してみることも良いでしょう。

10万件のお問い合わせ実績

フリーダイヤル:0120-66-5942
(ご葬儀受付・相談センター 24時間受付中)