葬儀の流れ

葬儀の事については、業界の関係者でない限りあまり知られていないのが現実です。

簡単に葬儀の概略だけでも流れを知っておくと、いざという時に慌てる事が少なくなります。

病院での臨終

ご危篤

現代はほとんどの人が病院でお亡くなりになります。

ご危篤の場合は、ご家族・ご親族・親しかった友人などに連絡を取ります。

電話がつながらない場合は、留守番電話かメールなどでメッセージを残すと良いでしょう。

 

ご臨終

病院でご臨終になった場合は看護師がご遺体を整えてくれます。

*死後の処置については保険の適用外となりますので、ご注意ください。*

*実費で1~5万円くらいが一般的ですが、看護師に問い合わせましょう。*

 

ご臨終後は、病院からご遺体をご自宅か安置施設へ移します。

その際は、ご遺体搬送の手配が必要になります。

事前相談をされている場合はその業者へ、されていない場合はスマートフォンなどで調べて手配しましょう。

注意;病院と付き合いのある業者を紹介しましょうかと、看護師や医師から言われるケースもあります。

その際は、必ずお見積りを取りましょう。ご遺体をその業者の安置施設へ移した後にトラブルになるケースが少なくありません。

 

ポイントは、病院からどこへ行くのか?葬儀を行う場合はどこでするのか?火葬はどの火葬場を利用するのかなどをイメージしておくと良いでしょう。

 

退院

退院の際は死亡診断書を受け取ります。

死亡診断書は葬儀後も色々と必要になるケースがありますので、コピーを数枚取っておくと良いでしょう。

 

ご自宅でのご臨終

ご自宅でご臨終になった場合は、かかりつけの医師がいればすぐに連絡を取りましょう。

*医師が確認して死亡宣言をしない限り、正式に死亡とは認められません*

かかりつけの医師がいない場合は、救急車を呼び搬送して貰います。

 

*宅内での事故死・突然死をした場合は、遺体を動かしたり移動したりせず、直ぐに警察へ連絡する必要があります。*

 

ご遺体安置

ご遺体をご自宅若しくは安置施設に搬送後、枕飾りを整えて安置します。

必要であれば、僧侶に来てもらい枕経をお願いする事もあります。

 

納棺

納棺の儀式の前に、末期の水を取り、湯灌・死化粧・死に装束などの順ですすみ、最後に想い出の品物などと一緒に棺に納めます。

*棺に入れてはいけない物もあります。ゴルフクラブやメガネ、CDや指輪など。葬儀担当者に問い合わせてください。*

 

打合せ

安置が終わると、少し落ち着きます。

葬儀担当者と今後の事を打合せしましょう。

  1. 喪主や世話役、受付や会計、僧侶案内などが必要になる場合の役割分担。
  2. 弔辞奉読を行う場合は、誰にお願いするのか。
  3. 日時・葬儀の形式・斎場・火葬場の確定。
  4. 会葬者が来られる場合の人数予測。
  5. 食事が必要になる場合の手配数。
  6. 返礼品が必要な場合の手配数。

その他、分からない事は何でも担当者に遠慮なく聞きましょう。

*こんな事を聞いたら恥ずかしいかな?こんなのは常識かな?という気持ちは持たなくて大丈夫です。*

*分からなくて当たり前だと思って、分からない事はどんどん担当者に聞いてください*