葬儀の流れ 初七日法要

初七日

一般的には亡くなった日から数えて七日目に行っていたので、初七日法要と呼んでいました。

現在では、葬儀の当日に行うことが多くなりました。

遠方のご家族・ご親族に、再度集まってもらうのが申し訳ないという気持ちです。

 

精進落とし

精進落としも、かつては忌明けまで肉や魚を絶つのが習わしでした。

最近では、葬儀でお世話になった方々に対しての感謝の気持ちを込めて、

精進落としを行うことが増えています。

 

四十九日法要

正確に四十九日目でなくても良いですが、四十九日を超えてはいけません。

宗教者とご家族・ご親族の日程を調整する必要があります。

四十九日法要までに、本位牌やお仏壇など必要な物を準備しておきましょう。