お葬式の前にするべきこと。

ご自分たちでお葬式前に決めておくとスムーズに運びます。

 

・喪主・世話役の決定

  • 葬儀の前に、『喪主』を決めます。様々な事情によって異なりますが、家を継ぐ人が努めるのが基本です。
  • 配偶者・子ども・父母・兄弟などの血縁の濃い順に選びます。
  • 喪主をサポートする『世話役』も決めておきましょう。喪家の事情に詳しく経験豊富で行動力がある人が適任です。
  • 喪主と世話役と葬儀担当者と事前に打ち合わせをして、どのような葬儀にしたいか、当日の受付や会計係、進行役、接待係などを決めていきます。

・葬儀日程・形式の決定・死亡診断書の提出・火葬許可証の受け取り

  • 葬儀の日程は、喪主と葬儀担当者、宗教者(僧侶など)が打ち合わせをして決めます。
  • 一般的には死亡した日に納棺、翌日に通夜、翌々日に葬儀・告別式を行います。
  • ただし、『死体火葬許可証』が発行されないと日程が確定しませんので注意が必要です。
  • 『死体火葬許可証』は病院で受け取った死亡診断書に必要事項を記入し、市区町村役場に提出する事で交付してもらえます。
  • 葬儀の形式は、故人が信仰していた宗教に合わせます。日頃から信仰している寺社などがあれば連絡します。
  • 信仰している寺社などが無い場合は、ご紹介いたしますのでご相談下さい。

・遺影の決定

  • 祭壇に飾る遺影は、自然な笑顔で出来れば故人が生前に気に入っていた写真を使います。
  • 最近は色々と修正が可能ですので、気に入った写真を葬儀社に相談してみてください。

・死亡通知

  • 知人や親戚への死亡の通知は電話で行います。
  • 一般的には『○○がお世話になっていましたが、今朝(今晩)、息を引き取りました。通夜を○日○時に○○で、葬儀を○日○時に○○で行いますので、取り急ぎご連絡申し上げます。』と簡潔に伝えます。
  • 会社で通知する場合は、FAXや新聞広告などで案内します。
  • これらの連絡は、先ず葬儀日時が決定してから行います。

・納棺

  • 納棺は家族全員で行います。
  • 仏式では、白い経帷子(きょうかたびら)を左前に着せ、手足に手甲脚絆(てっこうきゃはん)を着け、ずだ袋などを持たせます。(宗派によって異なります。)
  • 最近は故人が愛用していた服を着せることもあります。葬儀社とご相談下さい。
  • 愛用の小物などをもたせる場合は、金属などの焼けにくいものは避けましょう。

各手続きなどは代行で行いますのでお申し付けください。

 

10万件のお問い合わせ実績

フリーダイヤル:0120-66-5942
(ご葬儀受付・相談センター 24時間受付中)